支払う負担を削減できる制度

>

申請しなければならないもの

書類を入手する方法

申請するためには書類が必要ですが、自分がどの保険に加入しているのかで方法が変わります。
高額療養費制度を適応できるようになったら、役所から自動で書類が送られてくる保険もあります。
その場合は届いた書類に、必要事項を記入するだけで良いので楽ですね。
しかし自分で書類を取りに行かなければいけない保険もあるので、事前に確認しておきましょう。

自分で記入する欄の他に、医師に記入してもらう欄があるかもしれません。
自分の担当医に、書類を記入するよう依頼してください。
しかし医師も忙しいので、依頼してすぐに書いてもらえないことがあります。
1週間から2週間かかることもあると覚えておきましょう。
焦らないで、間違えないよう記入してください。

領収書を添付しよう

書類によっては、治療を受けた時に掛かった料金がしっかり記載されてある、領収書が必要になるかもしれません。
念のために、保管しておきましょう。
領収書が証拠になるので、書類に添付していないと申請できません。
病院の領収書は、確定申告などでも必要になります。
その時に提出できないと困るので、高額療養費制度を使う場合は領収書のコピーで構いません。

しかし文字が見えるよう綺麗にコピーされているものでないと使用できないので、適当に済まさないでください。
間違っている書類を提出するわけにはいかないので、何度もやり直しになってしまいます。
面倒な手間が発生するので、ゆっくり記入してください。
丁寧に書けば、間違えることはないでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る